子供

子供の可能性を伸ばすために「すごいっしょ〜」の子育ては効果的?

小さな女の子

 

私は
「〇〇ちゃん、すごいね~!」
「上手だね~!」
「なんでも出来るね~!」という言葉で子育てをするようにしています。

 

なので、うちの2歳の子は「すごいっしょ~!」が口癖です。

自信たっぷりの笑顔です (笑)

この言葉を聞くたびに、「よしよし! うちの子育ては上手く行ってるな!」と感じています。

 

子供は将来「何にでもなれる可能性を持った原石です。

それを一緒に磨いてあげるのが、私たち親の役目です。

 

なのに、つい無意識でやってしまう悪いことが有ります。

それは、否定語を聞かせてしまう事です!

 

「これをしちゃダメ!」「なんで、そんな事をするの!」など、否定的な言葉を聞かせていると、子供は自分を好きになれずに、人の顔色を伺うような子になってしまいます。」

 

人の顔色を伺う生き方って苦しいんですよね!

もし、あなたが今、人の顔色を気にしながら毎日生きてたら、どうです? 苦しくないですか?

そんな生き方ってイヤですよね!

 

難しい事を書くつもりは有りませんが、子育ては
「前向きな言葉を教えること」
「その子の可能性を伸ばしてあげること」
それだけで良いと思います。

 

たしかに、躾という意味では色々な事を教えて行きますが、その基本となるのは「〇〇ちゃんはスゴイね~!」と褒めてあげる事です。綺麗な言葉で接する事です。

 

素直な心に育ててあげれば、その子は、一生、素直です!

「三つ子の魂 百まで!」っていいますもんね!

 

(悪い例)

「コップの水を、こぼさないように持って行ってね!」と言うと、頭の中で「こぼさないように! こぼさないように!」と考えます。

これって綺麗な言葉のように見えて、実は良くありません。

 

「こぼす」という事をイメージしてしまうので、結果、失敗する確率が上がるのです。

「こぼしたら怒られる!」とも思うでしょうし、この言葉からは楽しさが伝わりません。

 

(良い例)

「コップの水を、上手に持って行ってね!」と言うと、頭の中で「上手に持って行こう!」と考えます。

あとは脳みそが勝手に導いてくれます。

(小さい脳みそですけどね)(笑)

 

「じょうずに! じょうずに!」など、独り言を言いながら運ぶかもしれません。

無事に運べたら「すごいね~! じょうず!」と褒めてあげると良いわけです。

この子は「何でも出来る!」という可能性を信じられる、素直な子に育って行きます。

 

子育ては 原石を磨いてあげること!

その子の人生のお手伝いをしてあげること!

それだけで良いと思います。

綺麗な言葉で暖かく見守ってあげましょう(*^^*)

 

この子は将来、どんな輝きを放つのでしょう?

楽しみです!

今日も、自信たっぷりの「すごいっしょ~!」が聞けるように、応援して行きます (^^♪

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。