雑学

【運転のプロがすすめる】燃費を良くする2つのテクニック!

車

 

はぴこん
はぴこん
こんにちは、はぴこんです(@happy_conductor)

 

この記事では、燃費を1割〜2割UPする方法を紹介して行きます。

 

やり方は簡単です。

発進する時」と「止まる時」に、ちょっと工夫(くふう)するだけです。

 

有名なことなので知っているかもしれませんが!

運転のプロ(トラックドライバー)としての確実な情報をお届けしたいと思います。

 

はぴこん
はぴこん
では行ってみましょう!

 

大型トラックの燃費にビックリ!

突然ですが、問題です!

大型トラックの燃費って、どれくらいだと思いますか?

 

チッチッ

チッチッ

チッチッ

チーン!

 

正解は!

リッター3〜4です。

 

ビックリでしょ!

初めて知った時、マジで驚きました。

 

ちなみにトレーラーは2〜3という恐ろしい世界です。

 

なぜ、トラックの話をしたか?

 

燃費の悪いトラックの世界では「ちょっとでも燃費を良くしよう」ということで、ドライバーに勉強会を開いています

全員の燃費を貼り出して「先月よりも良くしよう!」という意識づけも行ったり!

つまり「燃費を良くしよう!」という勉強をしてきました。

 

この知識は乗用車でも同じなので、お役に立てると思いますので紹介して行きます。

 

発進する時は「クリープ現象」を使う

 クリープ現象とは、オートマ車でギアが入っている時に、ブレーキを離すとアクセルを踏まなくても動き出す現象のことです。

 

では運転する時の状況を想像してみてください

 

今、信号で止まっています。

その信号が赤から青に変わり、前の車が動き出しました。

あなたはブレーキを踏んでいた足をアクセルに変え、グッと踏み込みました

 

はぴこん
はぴこん
ここに1つのアクションを加えてあげましょう。
(クリープ現象の出番です)

 

ではもう一度!

 

前の車が動き出しました。

あなたはブレーキから足を離し、車が少し動き出してからアクセルをグッと踏みました。

 

はぴこん
はぴこん
たったこれだけで燃費が1割近くUPします

 

発進する時、ブレーキから足を離して、車が少し動き出してからアクセルを踏もう!

 

止まる時はアクセルを踏まずに「ス〜ッ」と進む

普通の止まり方

アクセルを離してブレーキを踏む

当たり前ですよね。

 

でも、ここに大きなポイントがあって「普通の人は、いつもアクセルかブレーキを必ず踏んでいる!」という特徴があります。

 

普通の人は、いつもアクセルかブレーキを踏んでいる!

 

燃費アップ=上級者の止まり方

右足のアクセルを離して「ス〜ッ」と進んでから、最後にブレーキを踏む

 

 止まる時も、発進と同じように1つのアクションを加えています

 

アクセルから足を離して、急いでブレーキは踏みません。

何もせずに、車を「ス〜ッ」と進ませてあげます。

このアクションをした後にブレーキを踏んで止まります。

 

 少しづつ速度は落ちていきますけど、後ろの車の迷惑になることは無いので安心してください。

 

さらに、この止まり方の良いところは余裕を持って運転できるので、追突事故を起こしにくい!というメリットもあります。

 

なるべく遠くを見て、アクセルから足を離して「ス〜ッ」と進もう!

 

まとめ:燃費UPと事故防止の2つのメリット

発進と止まる時に簡単なアクションを加えるだけで、燃費が1割〜2割UPします。

リッター10なら→11〜12へ
リッター20なら→22〜24へ

けっこう変わりますよ!

 

さらに、この運転方法に慣れてくると、ゆとりのある運転をすることになるので事故防止にもなる!というメリットも付いてきます。

 

安全運転で事故の確率を下げて、さらに燃費もアップする方法なのでオススメします。

 

はぴこん
はぴこん
プラス、同乗者の人にも優しい運転になるので喜ばれますよ!