お金

節約に使える方法!「生きたお金」「死んだお金」の違いってなに?

 

はぴこん
はぴこん
節約って難しいな〜と感じる「はぴこん」です(@happy_conductor

 

普段、何気なくお金を使う時に

これは生きたお金かな?

死んだお金かな?

と意識するだけで、ちょっと節約できる方法をご紹介していきます。

 

はぴこん
はぴこん
めちゃくちゃ簡単なのでオススメです

 

生きたお金・死んだお金の見分け方

使い方は簡単です。

お金を渡す時に「行ってらっしゃい」と言うだけです。

(実際に声に出して言わなくても、心の中で思えばOKです)

 

その時に、何も感じなければ「生きたお金の使い方」です(*^^*)

正しい使い方とも言えます。

逆に違和感を感じたら、それが「死んだお金の使い方」です。

 

具体例

(良い例)

〇 人にプレゼントを渡したい! と思って「何が喜んでくれるかな~」と考えた結果、レジでお金を払う時の「行ってらっしゃい」は、心から気持ち良く言えると思います

 

〇 コンビニに行った時、募金箱に1円を入れる時の「行ってらっしゃい」も、気持ち良く言えると思います。

 

(悪い例)

〇 パチンコでお金を使う時の「行ってらっしゃい」は違和感を感じます。

「行ってらっしゃい」と言えないんですよ!

 

〇 お買い物に行った時、二つの物が気になりました。

値段が違うので、どちらにしようか悩んだ時に、「どうせなら」と、ちょっと高い方を選びました。

それを手にした時に、お金を払うシーンを思い浮かべて「行ってらっしゃい」と思うんです。

その時に違和感を感じたら、それは辞めて、安い方を買います

ちょっと節約出来ました(*^-^*)

 

まとめ

お金を使う時に「行ってらっしゃい」と言う事で、「生きたお金」なのか「死んだお金」か分かります。

これを活用することで、ちょっとかもしれませんが節約できるのでラッキーだと思います !(^^)!

 

また、お金を使うこと自体、苦痛に感じる事って有りませんか?

電気・ガス・食費などの生活費の話ですが、今まで、仕方なく払っていたお金も、この「行ってらっしゃい」で、少し変わると思います。

「行ってらっしゃい」と思って払う事で、「あ~! この電気のお陰で快適に暮らせてる!」と思えたらHAPPYですしね(*^-^*)

(ちょっと強引かもしれませんが、HAPPYを感じるコツは自分次第ですもんね!)

 

「行ってらっしゃい」を使って節約して、さらに心もHAPPYになりましょう(*^-^*)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。