子供

なるほど!子供が何回も同じことで怒られても繰り返す理由がわかった!

はぴこん
はぴこん
子供って何度注意しても同じことを繰り返しませんか?

この前注意したのに!

なんで?ってイラッとすることありますよね。

その原因が分かりました

簡単に言うと聞いていないんです。

 

なに~!

聞いてないんかい!

って感じでイラッと来ますけど、そういうことなんです。

だから同じことを繰り返します。

 

聞いてるフリをしてるだけで、怒られているあいだ、じっと耐えてるんです。

うるさい嵐(親の説教)が通り過ぎるのを。

じゃぁ、私たち親はどうやって注意したら良いのか?ということを一緒に考えて行きましょう。

子供は台風(うるさい親)が通り過ぎるのをじっと耐えている

台風の目

初めてこのセリフを聞いた時に納得しました。

「あ~。そういうことね」
「聞いてないんだ」
だから繰り返すんだ。

台風で雨と風がスゴイから家の中で じっと耐えてよう。そのうち通り過ぎるさ!って感じで。

でも、聞いてるフリはしてないと怒られるから、それらしく!ってね。

言葉は耳には入るけど頭に入らないってやつです。

困ったもんだ。

子供には怒る・教えるよりも「伝える感じ」がベスト

子どのためと思って注意したいけど怒ってもムダです。どうせ聞いていないですから。

じゃぁ「教える感じ」は?
試したけど、これも効果ありません。

学校の先生から言われているのと同じで、親が注意してくることは「うっとおしい」って感じですからね。

優しく言ってるけど、結局は注意したいんでしょ!みたいな。

 

じゃぁ最後の手段「伝える」は?

すべての感情抜きで「伝えるだけ」。伝書バトと一緒。

この方法、意外と効果ありました

 

親としては5回10回伝える覚悟が必要ですけど、子供は言われたことを覚えていました

覚えていた!ってことだけでもOKって感じです。

忍耐力が必要ですけど、怒って言うよりは効果があります。

「あと何回言わせるつもり?」って感じで心の中ではイラっとしますけど、そこは我慢・我慢。

子供へ伝える時はペットの犬や猫に教える感じで接すると、ストレスがたまらず、ちょうど良い。

大人でも注意されても繰り返す人いますよね?

大人になって働いていると「この前注意したのに、また同じミスしやがって!」ってイラっとすることがありませんか?

これも同じ理由だと思います。

子供の頃から「あ~、うるさいのが来た!でも聞いてるフリして耐えてたら、そのうち終わるさ」って感じで聞き流してた子がそのまま大人になったんでしょう。

大人になってからも苦労するので「台風が通り過ぎるのをじっと耐えてよう作戦」の子供に育ててはイケません。

親はいつでも大変!あなたはどんな子でしたか?

あなたは、手のかからない自慢の子供でしたか?

私の両親は「あんたは大変だった」と言います。

神様
神様
言うことを聞かない子供じゃったのか?
はぴこん
はぴこん
エヘッ
迷惑ばっかりかけちゃいました

私を育ててくれた両親は「本当に大変だった」と思うと、今の子供は「すごくマシ」だと感じます。

昔の自分を子育てすることを考えたら、どんだけ楽か。

そう考えると子供への接し方が、かなり楽になりました。

昔の自分を振り返ってみて、目の前の子供を見てみよう。

すごくマシ!って思えたらラッキーです。

気楽に子育てできるキッカケになりますよ。

まとめ:すこしでも気楽に子育て出来るように

怒っても聞いていないから、今日も優しく伝えよう

意味が無いように感じるけど大丈夫です。

かけ算の九九を、いつのまにか覚えたように、子供のなかにはインプットされて行きます。

はぴこん
はぴこん
ためしにワザと怒ってみるのもオモシロイですよ
神様
神様
どういうことじゃ?

怒られている時の子供を観察するんです。

・ ちゃんと聞いてるか?
・ 台風が過ぎるのを耐えてるか?

って感じで見てるとオモシロイですし、もう1つ良いこともあります。

それは、怒っている時に心の余裕があることです。

感情むき出しで怒るのとは違って親も楽ですし、子供も「あれ?いつもとちょっと違う?」って感じで、すこし聞く態度が変わるから不思議です。

子供を楽しんで観察してみましょう。

はぴこん
はぴこん
ちょっとでも怒る回数が減って、心穏やかに子育てが出来ますように