失敗談

看護師(ナース)との楽しい入院生活で起こった笑いの失敗ネタとは?

看護師

 

突然ですが、ガンになってしまいました!

診断された時は本当にビックリ!

え? 僕が? ガン? え? 嘘でしょ? マジで?

頭の中で「?」の連発です。

 

「若い時にガンになると進行が速いから危ないらしいよ!」と聞いていましたが、37歳の時です。

え? オレ 死ぬの? って感じでした。

 

今までの人生で「死んでしまいたい!」と思ったことが何度かありましたけど、今回は意味が違います。

自分の甘えた考えで「死にたい」では無く「死ぬよ」って!

 

「ガン」って言葉には物凄い力があります。

一瞬で37年間の人生を考えさせられました。

 

長いようで短かったような!

楽しい事もあったけどツラいことのほうが多かったような!

このまま死んだら、俺の人生、何だったんだろう?

いろんなことが頭の中を駆けめぐりました。

 

そんな「ガン」という大きい病気になったのに、最後に「ダサい失敗ネタ」が待っているとは思いもしませんでした(^^;)

そのダサいネタを紹介して行きます。

アホやな~と笑ってもらえたら幸いです。

 

ガンと診断された「きっかけ」と再検査の大事さ

私が成ったのはリンパの病気でした。

きっかけは、コンタクトを買いに眼科へ行った時に「まぶたがおかしい!」と言われたのが最初でした。

町の小さな眼科だったので「大きい大学病院などで見てもらったほうが良いよ!」と先生から言われましたが、面倒くさかったので行きませんでした。

 

半年後、またコンタクトを買いに行くと「行ったの?」と先生から聞かれましたが、行って無いことを伝えると「行きなさい!」と怒られました。

(ちょっとキツイ女医さんで、言いかたが怖かったです!)

 

ちなみに、あなたは検査に、すぐに行く人ですか?

私はアホなので、ここまで言われても行きませんでした。

 

そして更に半年後、またコンタクトを買いに行くと、今度は、かなり本気で説教されました (^^;)

ちょっと逆切れしつつも「そこまで言うなら面倒くさいけど行ってみるか?」ってなノリで大学病院へ行き、検査を受けた結果が「悪性腫瘍のガン」なわけです。

 

「女医さん、スゲー!」って思いましたよ。

「言うこと聞いて良かったー」とも思いましたが、最初に言われてから一年経ってるし!

しかも本気で説教されてから、やっと行ったわけで(^^;)

 

あなたも、健康診断などで再検査と言われたら、すぐに行くことをおすすめします!

早期発見・早期治療!

これ大事です!

(説得力は無いですが)(^^;)

 

入院生活スタート

病室

さて話は戻って、病状はと言うと「運が良いことに転移は無く症状も軽い」ということから、”放射線治療のみで良い” ということでした。

ただし、5年以内の再発の可能性が30%くらいは有るらしく、再発した時は同じ治療は出来ないので他の治療法になると。

そうなると・・・

 

重い話でしょ!

いや~、かなり心に響きましたよ!

だって「ガン」ですもん!

 

さて、病院にはいろんな人達がいました。

抗ガン剤治療を受けている人は「苦しくて、夜 眠れないのがツライ!」と言っていました。

女性の方で「髪の毛が抜けるのが嫌だ!」と話す方も。

かと思えば「ガンになるのは3回目だ! 今度も乗り越えてやる!」と笑顔で話す方も居たりして、かなり勇気づけられました。

 

その点、私は症状が軽かったので苦しむことも無く、穏やかに日々が過ぎて行きました。

 

ここまで読んで下さって「ガンという病気になって可哀そう!」と思ってくれた方は、心の優しい方ですが、まだまだ甘いです。

私というダメ人間が普通で終わるわけがありません。

誰からも同情されないようなダサい結果が待ってるんですよ!

い・つ・も !

 

イチャイチャバレーで起きたアクシデント

バレーボール

私はバレーボールが大好きで、入院している時も庭に出てバレーの練習をしていました。

すると、看護師さんが話しかけて来て、一緒にバレーの練習をするようになりました。

それから2、3日すると10人くらいまで増えました。

 

想像出来ますよね!

看護師さん10人に囲まれてバレーをしている私の姿が!

ニヤニヤしてアホ面だったでしょうね~!

 

でもですよ!

男って そんなもんでしょ?

「看護師さん」とか「ナース」って言葉に、弱い所ってあるでしょ?

看護師

病気になって入院するのは嫌だけど、看護師さんと仲良くなれたりしたら最高なんだけどな~! とか思ったりするでしょ?

その憧れの看護師さん10人に囲まれてるんですよ!

ニヤけるでしょう!

きっと、あなたもニヤけると思いますけどね~!

 

そんなイチャイチャバレーをしていた時です。

看護師さんの打ったボールが大きく外れてしまい、それを拾いに行った時!

 

ガーーーン!!

 

縁石に足をぶつけてしまいました。

その時スリッパだったので、むき出しの足を直撃です。めちゃくちゃ痛かったです。

みるみるうちに腫れて来たので、念のためにレントゲンを撮ってもらいました。

レントゲン写真

結果は!
キレイに折れていました。

足の親指の骨折です。

それからが大変でした。

 

看護師さんは ひたすら謝って来るし!

病院の偉いさんが「うちの若い者が ご迷惑をおかけしてすみません」と謝ったり!

「病気で入院されてるのに、さらに病状を増やしてどうする!」みたいに説教を始めたりと結構大変でした。

この「病状を増やしてどうする!」ってセリフ、けっこう気に入ってます(^_^)

 

もとはと言えば、私がバレーを誘ったわけで!

もっと言えば、ニヤけていた私がイケないわけで!

さらに言えば、ドン臭くて足をぶつけた自分のせいで!

などなど半分冗談ですが、みんながスゴク気にして来るので、けっこう窮屈な感じでした。

 

それから一週間後、余計なアクシデントもありましたが、無事「ガン」の治療も終わり退院の日となりました。

足は折れたままでしたが(笑)

 

「医大にルールを作った」伝説の男!

ところで、私が「ガン」で入院しているのを覚えていました?

看護師さんとのイチャイチャバレーしか記憶に残って無いような気が? (^^;)

 

それはさておき、後日、検診に行った時にビックリしたことがありました。

なんと「患者さんとのスポーツ禁止」というルールが出来たらしいのです。

私の骨折騒動が原因だと言うのです!

私がルールを作ってしまいました!

 

「医大にルールを作った男!」

なんかカッコ良くないですか?

 

と言った感じで、「ガン」という人生の中で大きな出来事でさえも、持ち前のアホパワーで、笑いと言うかネタに変えることが出来ました。

「笑えばガン細胞も減る!」って言いますもんね!

 

まとめ

最後のオチは余計でしたが(笑)

「ガン」になっても無事に乗り越えられたことに感謝します。

「今」生きていることに感謝します。

 

そしてこれが一番大事!

これから先、どこまで長生きするかは分かりませんが「生きてるうちに、もっと楽しもう!」と心から思います♪

イチャイチャバレーもう1回したいな~(笑)

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

こんなクダラナイ話で良ければ他にも失敗談がありますので、良かったら暇つぶしにでも読んでみてください。

手錠 逮捕
ビックリ!下着泥棒がわが家へやって来ました。ドキドキの体験談!下着泥棒って身近にいるんですよね。他人事だとオモシロイですけど自分が被害に会うと、やっぱり怖いもんです。この記事では下着ドロ被害の体験談を「逮捕後の意外なオチ」も含め、ちょっとだけオモシロく書いてみました。下着どろぼうも窃盗のプロなのでコツや方法があり、なかなか捕まらないみたいで悔しいです!みんな捕まれば良いのに!...
ホームレス
ホームレス体験談!パチンコや趣味にハマった借金地獄のその先に?借金怖いよ~!ギャンブル怖いよ~!今となってはブログに書けるネタですが、家が無い生活って考えられます?原因は無計画な借金とパチンコでした。ホームレスって言葉はTVなどでよく聞きますが、実際に経験すると、かなりハードです(笑) 家は無いし風呂も無い!もちろん金も無い!そんなアホな話ですが気楽に読んでみてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。