人間関係

「ありがとう」とお礼を言う時に気をつけるポイント?知らなかった!

 

「ありがとう」って良い言葉ですよね。

言われた方は もちろん気持ちが良いですし、言った方も気持ちが良くなる感謝の言葉。

たった一言で、人と人の心を繋ぐ魔法の言葉!

なので、出来るだけ「ありがとう」と言うようにしていると思います。

 

でも、あることに関しては間違った使い方をしている人が結構います。

その話を聞いた時に「なるほど~!」と思ったので掲載してみます。

 

間違った使い方

人から何かをしてもらった時に「すみません!」って、つい言っちゃう事って有りませんか?

「すみません、助かりました」
「すみません、ありがとうございました」など、普通に使いますよね?

 

ところが、この謙虚な気持ちを表している「すみません」という言葉が良くないらしいです。

良くないというか、もったいないのです。

せっかく「ありがとう」という感謝の気持ちを相手に伝えても、その思いが半減してしまうんです。

理由は単純で「すみません」という否定の言葉からは喜びが生まれないからです。

 

実験

ちょっと実験してみましょう。

 

あなたの目の前に、誰か居ると想像してください。

その人が困ってる様子だったので、お手伝いをしてあげました。

その人が「ありがとう。助かったわ~」と言ってくれた時のあなたの顔は、どんな感じですか?

想像の中の私は「いいえ~、どういたしまして~」みたいなノリで、口元が緩んで笑顔になっていました。

 

では、もう一つ。

同じく目の前の人が困ってる様子だったので、お手伝いをしてあげました。

その人が「すみません。助かりました」と言ってくれた時のあなたの顔は、どんな感じですか?

想像の中の私は「うんうん」と頷いているだけで、愛想笑いっぽい感じでした。

 

あなたは、どんなリアクションでした?

お付き合いしてくれてたら嬉しいです (笑) (*^^*)

 

まとめ

この記事でお伝えしたい事は、ズバリ!

「すみません」と言わずに、心から「ありがとう」とだけ言いましょう。

そうすることで、感謝の気持ちがしっかりと伝わって、相手の方に心から喜んでもらえます。

長年のクセで、「すみません」と言ってしまいそうになっても、そこはグッとこらえて下さいね(*^^*)

言ったほうも言われた方も、お互いに嬉しくなる魔法の言葉「ありがとう」
良い言葉ですよね!

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。